【包丁の選び方】美味しい料理は良い包丁が決め手

今回は、包丁について紹介していきます。

包丁は切る食材によって、包丁の種類を変えた方が良いです。

野菜、魚、肉、果物など、包丁の種類を変えるだけで、料理がおいしくなる気がします。

いや、気がするではなく、おいしくなります。

contents

食材による包丁の選び方

出刃包丁
出刃包丁

プロの方や本業の方々が使っているものは、高価で、たくさんの種類がありますよね。

ここでは、「家庭用として選ぶと良い包丁」を紹介します。

もちろん、単に安いだけではなく、それなりの品質も重要でしょう。

できるだけ長く使っていきたいですよね。

「三徳包丁」

三徳包丁は、家庭用のメジャーな包丁です。

向いてる食材
  • 野菜
  • お肉
  • 果物
  • ※お魚
魚は別の包丁がいいですよ!!

幅広く使えるので、「これ一本だけ」という方も多いと思います。

しかし、お魚の骨は固いので、刃の強さ(厚さ)などから考えて、お魚を切る包丁は別にした方が良いですよ。

                     \三徳包丁を購入する/

出刃包丁

出刃包丁は片面に刃がついていて、厚みがある包丁です。

お魚をさばくときに使います。

向いてる食材
  • お魚(骨も断ち切れる・ウロコもとれる)
お魚さばいてみよう!!

                    \出刃包丁を購入する/

ペティナイフ

小型の包丁で、果物や、小さな野菜、簡単な調理用に。

向いてる食材
  • 果物
  • ちいさな野菜
  • 飾り切りする食材
ちょっとした調理に便利!!

                \ペティナイフを購入する/

Goodsania
¥3,580 (2023/11/02 17:25時点 | 楽天市場調べ)

刺身包丁

刺身包丁で刺身をつくると、美しい切り口になります。

切り口の細胞を壊しにくいので、おいしく、鮮度も長持ちします。

                   \刺身包丁を購入する/

ダマスカス包丁

やっぱり、包丁はちょっと高級品を選びたい、すこし凝った包丁がいい。

そう思ったあなたにおすすめなのが、「ダマスカス包丁」です。

何層にも折り重なったステンレスの模様が、刃に付いています。

切れ味は鋭く、刃は丈夫な最高級の包丁です。

                   \ダマスカス包丁を購入する/

買い替えたいけど、捨て方がわからない?

包丁の刃が大きく欠けたり、持ち手が壊れたなどで、捨てたいけど捨て方が分からない…。

そんなあなたに、正しく安全な捨て方を教えます。

包丁のごみとしての分別
  • 不燃ゴミ(不燃ゴミ用の袋にいれて、指定日に出す)
  • 他のゴミと混ぜずに、包丁だけの袋で出す
  • 細かい分別は各自治体にて確認する
包丁をごみとして安全に処分する方法
  • 刃がむき出しにならないよう、新聞紙か厚手の紙で刃をおおう。
  • おおった部分をガムテープでしっかり巻く
  • 自治体指定のゴミ袋に油性ペンで「包丁キケン」・「刃物キケン」とハッキリ記載

これで、正しく、安全に処分できますよ。

刃を新聞紙や厚紙で包むときは、手を切らないように気をつけてくださいね!

包丁って研ぐの面倒?

包丁の切れ味が悪くなるのは宿命ですので、研ぐしかありません。

筆者は、砥石を数種類使って研いでます。

とっても面倒ですが、その作業が好きなので苦に感じません。

でも、ほとんどの人が面倒だと感じることが多いかと思います。

筆者も心のどこかで面倒ですが…(笑)

そんなあなたに、「わずか10秒で研げるシャープナー」がすすめです。

これなら、わざわざ砥石でシャーシャーやったり、間違って手を切るといった心配もありません。

このシャープナーは色んな種類の包丁に対応しています。

手前に引くだけで、切れ味が復活。

                   \10秒で研げるシャープナーを購入する/

まとめ

食材に合わせた包丁を使うことで、食材本来のおいしさを引き出せます。

また、見た目もキレイになって料理がおいしくなります。

料理を初めてみたい方、新しい包丁に興味がある方はぜひ、これを機会にご検討してみてください。

調理道具に愛着が持てると、料理のクオリティもアガル⤴⤴⤴はずです。

あなたの日々の料理に、感動が生まれればよいなと思います。

それではまたぁ(≧▽≦)

包丁の選び方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

クリックしてくれた喜びます✨

この記事を書いた人

はじめまして(^_-)-☆  あきらいぶブログへようこそ☆彡
運営者のakira campです。
24年間勤めた会社を退職し、社畜から解放しました。
自由な生き方や生活に関する有益な情報を発信していくブログとなっております。
ときには心をくすぐったり、心に刺さる記事を執筆しております。

企業様からのお仕事のご依頼、広告代理店様からの広告掲載依頼などありましたら、いつでもお声がけください。

コメント

コメントする

contents